京都
LIMITS 京都国際映画祭エディション DAY1

LIMITS World Grand Prix 2017に出場していた壮々たるアーティストが登場!
さらに吉本興業所属のお笑い芸人もLIMITSに挑戦!?
果たして、京都でどのようなバトルが生まれるのか?


SUMMARY

開催概要

2017年10月12日(木)
OPEN17:30  START18:00

入場無料

京都芸術センター
〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2

 

出演者

MC

ダイノジ
アシスタント: 豊田穂乃花(LIMITS公式MC)

出場者

jbstyle. / KENTOO / アオガチョウ / GODTAIL / 上田バロン / KIM SUNG

ゲスト出演者

12日
チーム竹若 (バッファロー吾郎 竹若、カナリア ボン、オオカミ少年 浜口、松下笑一)
チームHG  (レイザーラモンHG、蛙亭 中野、らむね 岡、ZAZY)

放送

Youtube Live
Fresh!
LINE LIVE

ARTIST s
Profimage 1

上田バロン

BARON UEDA

Profimage

GODTAIL

 

Profimage 1

KENTOO

 

Profimage

KIM SUNG

 

%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%a0hg12

チームHG 12日

TEAM HG 12day

- NEW COMER -
%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%a0%e7%ab%b9%e8%8b%a5 12%e6%97%a5

チーム竹若

TEAM Takewaka

- NEW COMER -
Profimage 2

アオガチョウ

aogachou

Profimage

jbstyle.

 

RULE s

バトルの流れ

  1. 入場(ブルーコーナー→レッドコーナー)
  2. テーマドロー
  3. バトル開始(20分)
  4. バトル開始後 約10分より投票が可能
  5. バトル終了から約30秒で投票締め切り
  6. バトル終了後1分のインターバル
  7. 結果発表

テーマ

  • ブルーコーナー、レッドコーナーのアーティストが順にそれぞれのポットから1つのテーマをドロー
  • 2つのテーマを元にアートを制作
  • 2つのテーマは一つの言葉と捉えることも、それぞれの単独の言葉として捉えることも可能
  • 各コーナーのテーマは重複して出現
  • 1回の試合で2回以上出たテーマは、次回のイベントでは別のテーマに置換

ブルーテーマ
月、都、秋、文化、仏

レッドテーマ
変化、時間、記憶、愛情、希望

制限時間

テーマ決定後すぐタイマースタート

タイマースタートより20分

タイマーが0になった瞬間ペンを置き、一切PCに触れることはできない

特別ルール

  • 両日 エキシビジョンマッチでは、4名 vs 4名のグループ戦
  • 時間内なら好きなタイミングで交代可能
  • その他のルールは公式戦と同じとする

使用機材

Wacom社のCintiq 27QHD touchモデルを使用
LIMITS実行員が用意するPCを使用

キーボード類の使用は可能

マウスやその他のタブレット、トラックパッドでの描画は不可
持ち込みの際の動作を保証するものではありません。
 

素材

素材は無制限で持ち込みが可能

素材は自作、またはロイヤリティフリーのものに限る

権利違反が発覚した場合、協議中、競技後にかかわらず失格

表現

イラスト、写真、漫画、映像、パフォーマンスなどをベースにアートを制作

「ライブ感」があり「制限時間内」で、タブレットを「効果的」に使用していれば基本として表現は自由

政治的、宗教的な表現、また個人・特定の団体に対する誹謗中傷は不可

公序良俗に反する直接的な表現のなされたイラストは不可

テーマを文字で書く、また文字でアートを説明するような表現は減点対象
 

採点方法

  • 審査員5名(100点 x 5人)
  • ネット票(最大 100点)

最大600点

  • オーディエンス点としてネットのオーディエンスがアプリより採点
  • オーディエンス点は、全体を100点とし、割合で1%=1点(端数は四捨五入)とする
  • バトル開始より10分経過後より、どちらかいいと思った方に票を入れることができるが、バトル終了まで変更可能
  • 審査員点と会場票、ネット票を合わせたものを総得点とし、1点でも多いアーティストが勝利
  • 審査員・会場・ネットの総得点で同点の場合は、審査員のみの評価で勝敗を決定。
  • それでも、同点の場合は引き分け